女なら誰でもいい|セックスがうまい女に目覚めた年下男性

女なら誰でもいい,セックスがうまい女

女なら誰でもいいと言うセックスがうまい女がいい、人妻なんかもいいと思うセックスに目覚めた年下の22歳男性との蜜月な日々夫のばれないように込み上げる欲求!

 

私は29歳で若い男狩りしたいと思った。年下男性の彼とはネット出会った。

 

同じ沿線の近所ということで話は盛り上がった。

 

彼は私のあそこをジ〜ト見つめている声を震わせ、

 

私は、彼の下半身に立つものにほれぼれと見てしまった。

 

反り返った彼の肉茎は存在感でイキリたち黒くて、くっきりと血管が浮き上がっている。張り出した大きなカリが私の蜜壺を押し分けえぐるようなものを想像する。

 

 

彼は「あぁ〜暖かい、すごく濡れてるね」彼は両手で私の足首をつかんでVの字になるように開き、割れ目の上を何度も何度もあの大きなカリ首で撫でる。

 

入ってくると思えば彼のペニスの下で私が震えました。

 

「ああ〜〜もうだめ」たまらず私は

 

「入れて」おねだりするように腰を左右振りました。

 

 

理性や常識などはなくなり苛立つもどかしくこすりつけられるのにこの勇ましい肉茎を思い切り私の中にぶち込んでほしい。

 

 

「うれしいよ、感じてくれたんですね。入れてほしいんだよね」
「ええ〜〜私だって」
「じゃいきます」

 

 

ブズズ〜ズブズブと彼の先端が肉を押し分けてはいってきた。

 

もう、この時には興奮ですでにエクスタシーを感じてしまいました。

 

柔らかさと弾力で作られた私の膣の中に硬く大きく張りつめた男のものは、強引にねじ込まれてくる彼のものが膣の中まで挿入された。

 

私はグイっと股に力を入れて収縮させた。

 

彼は膣が抵抗したと感じたのか、ぐいぐいと彼のお尻の筋肉と体重をかけて押し入ってくる。

 

「ひえ〜〜大きい壊れる」

 

私はもう失神しそうでした。

 

 

「あ〜〜もっと奥ふかく」

 

「おお〜きつい、落とし穴に吸い込まれる」

 

私は彼が喜びの声をあげている喜びを感じていました。

 

 

彼がピストン運動を始めると私はそのリズムに合わせて膣に力を入れたり膣を緩めたりして様々な変化をつけてあげていました。「あ〜すごいや、こんなの初めて」
彼の声を聞くとますます激しくなり私は彼に貫かれながら自分でも腰を左右に振って若くて激しいピストンに喜びの声を上げていました。

 

「もっとついてもっと」
私は彼に貫かれながら自分でも

 

「いいわ〜すごくいい滅茶苦茶にして・・」

 

徐々にピッチが上がって彼は短く
「あっダメだ」と

 

私の子宮の中に熱く噴射した。ぐったりとして私の乳房に顔を埋めてきた。

 

股間の奥から腰にかけ奥深く快感の余韻に受け止めた若い精液の熱さに私は満足していた。

 

 

それからというものは、暇さえあれば彼に抱かれ彼の逞しいものはこの世のものとは思えないほどのエクスタシーであ

 

私が仕込んだ年上の女の好みに教え込んだ彼は22才と思えないセックスを覚えた若者は次からは私を驚くほど大胆になって彼を毎日のように体力の続く限り私をむさぼり私の膣に熱いものをぶちまけていた。

 

 

それからは、ストリップ劇場するように彼に言われ私は彼の目の前で1枚1枚下着を脱ぎ素っ裸にされ彼の尻を向けて自分でおしりを開くように言われて秘密壺やお尻の穴が彼の視線が突き刺さることに私は仕打ちと喜びを感じました。

 

 

「すげな=おお〜すでに濡れてるよ」見られるだけで感じている。

 

 

ちょっと触れられただけで蜜汁が太ももを伝う。

 

彼は指でその愛液をすくいとり舐めたりすすったり又膣に触れると奥から新たに愛液が噴き出して彼の手首を濡らすのです。

 

「お願い、イカせて」私の蜜壺の中に入ってきて。

 

どうでもいいから

 

「早くイカせて」と心の中で叫びながら私は、お尻を彼のほうにむけて悩ましく振ってみせます。

 

 

私は若い男と狂った発情したメスのように鼻声で彼の唇が私の尻に入れてくれるのを待ちわびている。

 

念願かなって彼は私の腰を抱きかかえ割れ目に顔を突っ込んでくれます。

 

 

私の敏感なところに彼の舌が何度も私の中に入り愛液をすすりとっている。

 

指だけでいきそうになっていた私は彼の腕の中で絶頂を迎えた。

 

私を倒し彼の嵐のようなピストンでいっきに上り詰めていきました。
女なら誰でもいい,セックスがうまい女
「綾 29歳 栃木県 主婦OL」

 

TOPに戻る不倫がしたい|既婚者はネットで今から会える人と浮気をしたい>>